2011年 5月

    6月

    7月

    8月

    9月

    10月

    11月

    12月

2012年 1月

    2月

    3月

    4月

    5月

    6月

    7月

    8月

    9月

    10月

    11月

    12月

2013年 1月

    2月

    3月

    4月

    5月

    6月

    7月

    8月

    9月

    10月

    11月

    12月

2014年 1月

    2月

    3月

    4月

    5月

    6月

    7月

    8月

    9月

    10月

    11月

    12月

2015年 1月

    2月

    3月

    4月

    5月

    6月

    7月

    8月

    9月

    10月

    11月

    12月

2016年 1月

    2月

    3月

    4月

    5月

    6月

    7月

    8月

    9月

    10月

    11月

    12月

2017年 1月

    2月

    3月

    4月

    

    




2月4日

今日は立春。

1883年のドイツの植物図鑑"Flora von Deutschland"から
野生のスミレのリソグラフばかり集めてみました。

子供の頃、近所の小高い丘の上の斜面一面に群生していたタチツボスミレは
今でも咲いているのかな。





2月1日

いいお買い物したねBag、コサージュ、ロバT、瓶Tをお買い上げくださった皆様へ。

皆様に変わりまして売上げ金を相馬市震災孤児等支援金宛に
送金させていただいてきました。
昨日、御礼のお手紙が届きましたので
こちらに掲載させていただきます。


御礼とお知らせ

前略 御免下さいませ
東日本大震災により親を亡くした相馬の子供に
十八歳までの生活費の一部として毎月三万円、また大学や
専門学校進学に要する学費及び平均的仕送り額を
援助する為の相馬市震災孤児支援金は
心を寄せてくださった方々の善意に従い、条例の通り
孤児遺児達に給付してまいりました。
皆様の温かいお気持ちに改めて感謝申し上げます。
大学卒業まで一人平均一千万円の資金が
必要と試算致しましたが平成二十四年十二月三十一日
の段階で四億九千万円余の募金が集まりました。
私はじめ相馬市民一同、日本中あるいは世界中の
人情の厚さに、只々、驚いております。
しかしながら多く集まりすぎて残すようなことが
あっては、寄せられた善意に申し訳が立ちませんので
平成二十五年三月三十一日を以って本基金を閉鎖
することに致しました。若しも将来不足する様な
ことがあれば、将来の市長に責任を持って財源補填
してもらいたいと考えております。
次の課題は、この子供達にどのように教育して
ゆくかです。市及び教育委員会一同、今後は
この事に全力を挙げて取り組む覚悟です。
尚、この課題に対しては相馬市教育復興子育て支援基金
を開設しておりますので継続してご支援
戴ける方がおられましたら何卒宜しくお願い申し上げます。
これまでの御支援、本当に有難うございました。
震災孤児遺児に対する皆様のお気持ちを
私達 相馬市は決して忘れません。
殉職消防団員はじめ、亡くなった親達に替わり
平身低頭
御礼とお知らせと致します
                 草々
平成二十五年一月

有情諸兄諸姉

          相馬市長 立谷秀清



相馬市震災孤児等支援金は51人の遺児孤児の
18歳までの生活支援と大学や専門学校などの学費と仕送り、
また社会人として必要な自動車運転免許取得の教習所費用
に充てられます。
引き続き販売しておりました、いいお買い物したねBagの売上げは
全額3月31日までに相馬市震災孤児等支援金に送らせていただきます。

ご協力有難うございました。




Copyright(C)2001-2015 cotory all rights reserved.